コラム
「にぎわい」のつくり方

「街」をもっと繁栄させていくためには。お店の賑わいを創出するためにはどうすればよいのか。
この問いに対する答えを求めて、繁盛物件物語を運営するWORKS-ZEROが今年携わらせていただいた案件の一つをご紹介します。
ご紹介する案件は1年半ほど前に松本駅前のビルオーナーより相談受けたことから始まりました。「この物件に飲食店誘致して欲しい!」との内容でした。
夜の松本駅前の人の流れは、駅を降りて左側のエリアへ向かう流れが大半を占めています。ご相談いただいた物件は駅降りて右側でした。しかし、駅から歩いて2分程度。絶好のロケーションだと感じ、WORKS-ZEROのプロジェクトはスタートしました。

スタートしてからは様々な業態候補を考えましたが、辿り着いたのは【横丁】でした。 一言に横丁といっても、ただ飲食店を集めただけでは成功しません。
にぎわいの創出のために、
・どんな業態を入れてどんな魅力を創るか。
・ 1店舗あたりの坪数はどの程度が適当か。
・ 採算が取れるためにはスタッフ何人でオペレーションすれば良いか。
・最も大切な事は横丁の意義 など、ブランディングの視点は様々ありますが、不動産的観点から考えると「どうやって人の流れをつくるか」が重要になってきます。

今回の物件は、元々人の流れとしては強くない場所ですが、人の流れが多い場所に近いという強みがありました。

継続的な繁盛店にするためには様々な要素が必要となりますが、 開業後の集客=人の流れを作る には外装デザインが最も効果を発揮します。
これは、今回の横丁のファサードデザインです!インパクト抜群で、開店前から多くの方が足を止めて下さる様子が見受けられました。

物件の場所や業態によって効果的な施策は異なりますが、私たちはそれぞれの物件の強みを引き出し、さらに大きくする工夫を長年手掛けて来ました。それと同時にどんなポイントが「強み」になるのか、というノウハウがあります。
繁盛物件物語では、そんなノウハウを生かした物件探しのお手伝いを行っています。

お問い合わせ

CONTACT

店舗やテナントに関するお問い合わせはこちら

お問い合わせ

CONTACT