コラム

物件・調査

街の繁栄。

2019.04.11

地域に貢献する。

私達WORKS-ZEROは地元長野県の繁栄のために出来る事しっかり行っています。

今回のコラム(だいぶご無沙汰ですが)は繁盛する街を創るをテーマにします。

ご紹介する案件は1年半ほど前に松本駅前のビルオーナーより相談受けたことから始まりました。

ココに飲食店誘致して欲しい!と。

松本駅前の人の流れは駅降りて左側。

この案件は駅降りて右側ですが、歩いて2分程度の絶好のロケーション!

繁盛するお店創り街を繁栄させる!WORKS-ZEROのプロジェクトはスタートしました。

スタートしてからは色んな事ありましたが、辿り着いたのは【横丁】

横丁って言っても飲食店集めて開業すれば成功するわけではありません。

どんな業態を入れて魅力を創るか考える。

1店舗あたりの坪数はどの程度が適当か。

スタッフ何人で営業すれば採算取れるか。

通路幅はどの程度が一番良いか。

そもそも横丁ってどんな人が利用するの?

そして最も大切な事、それは横丁の意義。

これらまとめて【ブランディング】という表記を使います。

私達はブランディングをある視点から考えます。(それは企業秘密で)

今回、大成功したのはその視点が正しかったと言う証明にもなりました!

では事例として見て頂きます。

下記はご依頼頂いた当時のビル外観。

IMG_5948.JPG

この建物を飲食店として繁盛させるにはどうすれば良いか。

外観ってとっても大切。

IMG_5946.JPG

IMG_5945.JPG

商業店舗で成功し繁盛する要因の最も効果的要素は外観デザインです。

開業後、数か月間繁盛するには外装デザインが一番効果的。

それは拘りの和食屋も焼き肉屋も横丁も一緒。

どう見せるかで繁盛するかしないか決まる怖い世界でもありますね。

あとは、賑わいを出来る限り見せる。

特に、横丁の様な沢山の人達が利用するお店は外から見えた印象が大切。

毎日多くの人が利用しているのが分かると、人は並んでも入店したくなります。

そんな心理を突くのも店舗デザインの大切な要素。

IMG_5892.JPG

↑ OPEN前に長蛇の列。これも宣伝効果に。

IMG_5949.JPG

IMG_5947.JPG

↑ スタッフさんのユニフォームには『長野から日本を元気に!』 良いね~。

 まさに地域に貢献です。

IMG_5950.JPG

店内には沢山の笑顔が溢れます。

どんな場所にどんなお店をどんな形で開業すれば成功するのか?

私達は知っています。

これからもこのコラム通して皆様に可能な範囲で情報お伝えします。

『また、来たいね。』そんなお店創っています! by WORKS-ZERO