スタッフブログ

アート感じてきました。

2017.06.28

こんにちは、伊藤です。

現在長野県大町で初開催しています、『北アルプス国際芸術祭』に行ってきました。正式には『北アルプス国際芸術祭2017 ~信濃大町 食とアートの廻廊~』というイベントですが、地域の"食"と"アート"を絡め、大町から北アルプス山麓の地域資源を世界に発信していくというコンセプトで地域再生のきっかけを目指しているそうです。作品は5つのエリアに分かれ点在していますが、今回は東山エリア、市街地エリアの作品を見てきました。

0628-2.jpg

一番といって良いほど印象に残った作品が"第一黒部ダム"です。想像を超えたアート作品でした。ここは古民家の二階に製作された作品で、遠くから見るとかなり古いゆがんだ建物の中にあります。なので、入れる人数に限界があるようで、定員いっぱいになると少々待ちます。受付を済ませると「足湯」に入りますか?」と聞かれます。??足湯??いや、私はアートを鑑賞しにきたのだ・・・。それも古民家の二階に??かなり驚きましたが、作品を見て感動しました。ここからは見に行ってぜひ体験してみてください。すばらしいアイデアだと思います。まさに黒部渓谷を感じさせる大迫力でした。時間さえありましたら半日くらいぼーっとしていたかった・・・。

0628-1.jpg

その他の作品も鑑賞しましたが、どれも素晴らしい。感覚が楽しく面白くてアートって素晴らしいと思いました。一日ではとても鑑賞しきれませんが、芸術祭は来月30日まで開催していて、パスポートを購入すれば、いつでも見にいけるようです。ぜひぜひ、興味のある方は行ってみてください。そして、大町の自然を感じてください。今回はできませんでしたが、"食"にも力を入れ、タイアップレストランでは、地元の食文化を味わう事もできますので、次回はぜひランチもしたいと思います。

アート感じてきました。