スタッフブログ

地域の歴史

2018.02.17

こんにちは!三ツ井です。

最近、お仕事で地域の歴史年表パネルを作成する機会を頂き、下諏訪地方の歴史を少しだけ勉強しました。高校の時は日本史も専攻していてまあまあ好きな科目だったのですが、やはり地域の歴史となると初めて聞くことばかりで、とても興味深かったです。

教科書で読む日本史と違うなあと思ったのは、すごく身近な感じがしたことです。武道が得意で偉い人にヘッドハンティングされた英雄がいたり、地元じゃ名の知れた超お金持ちがいたり、暴れまわる不良少年がいたり。そしてもちろん記録には残らない名も無き一般人もいて、時代は違えどみんな今と同じように頑張って生きていたんだな~と何だかしみじみしてしまいました(笑)。

考えてみれば当たり前のことですが、歴史の教科書に登場する人物というのはその時代を生きた人のうちのほんの数人で、「日本」というくくりでは大きすぎて入りきらない、細かくて膨大な歴史が各地にあるのだと感じました。またぜひ、そういう視点で町を歩いてみたいなと思っています。

地域の歴史

歌川広重「木曽海道六拾九次之内」の下諏訪