また、来たいね。そんなお店、創っています。
問い合せ
資料請求
物件探し
問い合せ 資料請求 物件探し
2023.05.31

先輩社員インタビューvo.1

●これが私の仕事

お客様の想像の一歩先を行くデザイン
学生の時、将来どんな仕事をしようかと迷う中で自分が好きな場所で好きなことをしたいと思い就職活動を始めました。これまでのキャリアを活かせる「設計デザインのその先を行く企業」を軸に就職活動をする中で出会ったのがワークス・ゼロでした。「デザインがいいお店ではなく繁盛店をつくる」というお客様のその先を考えるワークス・ゼロの奥深いデザインに惹かれ、お客様の想像の一歩先を行く思考を持つデザイナーの先輩方が私にはとても魅力的に感じたのです。

●だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード

「スタッフの個性溢れる人柄と暖かさ」がワークス・ゼロの魅力
仕事面で尊敬できることはもちろん、スタッフの暖かさと個性豊かな人柄が好きで入社を決めた人が多いこともワークス・ゼロらしさかもしれません。私がオンライン面接をさせていただいた際、手軽さもあるので様々な役職の方に見ていただいたのですが、緊張しながら画面に向かうと、途中、面接というよりも雑談のようなフレンドリーな会話を交えながら、会社のことや今後のビジョンなどをお話してくださいました。スタッフの個性溢れる人柄と暖かさに感銘を受け「この会社なら楽しそう!」と就職を決めたのです。ワークス・ゼロの面接は本当に楽しかったです。

●ズバリ!私がこの会社を選んだ理由、ここが好き

仲間と楽しく働きたい人に向いている会社
入社してみて感じるのは、ワークス・ゼロには成長意欲があればどんどん成長できる環境があることです。みんなデザイン意識が高く、制作室や企画室をはじめ様々な分野のスペシャリストがいるので、職種の枠を超えて良い部分を学び、身に付けていくことができます。一方で、仕事だけの付き合いではなく、いっしょに飲みに行ったり、スポーツをしたりできる仲間がいることもワークス・ゼロの好きなところです。仕事を仕事と割り切る人よりも、仲間と楽しく働きたい人に向いている会社なのだと思います

●これまでのキャリア

2021年3月に大学を卒業後、4月にワークス・ゼロに入社。

●長野県のここが好き!おすすめスポットなど

高ボッチ高原

塩尻市と岡谷市にまたがる高ボッチ山の傾斜に広がるなだらかな高原です。『君の名は。』や『ゆるキャン△』の聖地としても知られる名所です。東側には富士山や雲海があり、西側には北アルプス、そして諏訪湖や諏訪の街並みを一望できるスポットであり、疲れや考え事ことが吹き飛ぶような景色を望められます。
昼と夜、季節でも全く違った表情になりますので、是非高ボッチ高原に足を運んでみて、おすすめの表情や方角を見つけてみてはいかがでしょうか。

  • URL copied

この記事をシェアする

勝浦 凪斗
デザイン事業部

おすすめの記事

先輩社員インタビューvo.2

2023.05.31

仕事であった感動秘話vo.4

2023.09.07

仕事であった感動秘話vo.2

2023.07.20
記事一覧に戻る